草eSportsPlayerの戯言

eSportsやゲームについて好きなことを書いてしまうブログ

Steel Series SENSEI Wireless 簡易レビュー

f:id:Niq9n:20180103210823j:plain

たまたま安く入手できる機会があったので買ってみました。

初めてワイヤレス機器を買いました。

実際ワイヤレスのマウスってどうなの?

って気になっていたので使ってみることにしました。

【価格】

実売15,000円程度

高い!ワイヤレスの一番のとっつきづらさはココにあるのかもしれない。

 

【大きさ】

XAIから変わらずの中型マウス。左右対称です。

いまSENSEI310と並べたところほぼ同じ大きさです。

甲が低いので手のひらのなかでマウスを転がすような操作をする方にはオススメ。

 

【性能】

内容物はマウス本体、専用のUSBケーブル、充電用クレードル

マウス本体にUSBをつなぐことでワイヤードマウスとしても使用可能。

Pixart ADNS9800センサー、メインスイッチはSteelSeries社のオリジナルスイッチ

バッテリー駆動時間は16時間。しばらく放っておくとスリープ状態になるっぽい。

試しにosu!というマウスをブンブン振る音ゲーをやってみたところ、違和感はなかったので気になるほどの遅延やセンサー不良はないと思う。

ただ、しばらくプレイした後に普段使っているマウスに持ち替えると軽すぎてびっくり。

というのも、SENSEI Wirelessはバッテリーの分重い。117gとのこと。(シンプルなゲーミングマウスで90g程度)

 

【総評】

正直ワイヤレス舐めてた!ほとんど違和感がないです。

が、仕方ない部分がいくつか。

・重い

・バッテリーには寿命がある。(2~3年)

ケーブルをしっかりと管理できていれば有線マウスのケーブルがデメリットになることはほぼないので、ワイヤレスのメリットって意外と少ないような。

ワイヤレスが好き、かつ形が好みであればオススメできるマウスです。