草eSportsPlayerの戯言

eSportsやゲームについて好きなことを書いてしまうブログ

Corsair K65 RGB Rapid Fire 簡易レビュー

f:id:Niq9n:20170730233020j:plain

コルセアのキーボードレビューです。

コルセアと聞くとメモリとケース作っている印象がまだ抜けきれませんが、最近はゲーミングデバイスにも鋭意的に取り組んでいるよう。

FILCOのMajestouch2tenkeyless赤軸からの乗り換えです。

【価格】

実売1万8000円前後。

普通にキーボードとしては高い部類です。

【見た目】

アルミフレームの重厚感。

キーの根元が浮いている構造なのでエアダスターを吹くだけで相当綺麗になると思います。

キートップを外す際も枠が付いているものよりは外しやすそう。

RGB機能は様々なプロファイルが用意されてるが、思った通りに光らせるには知識と細かい設定がいるとかなんとか。

【性能】

一応コルセア独占らしいCherryMX銀軸採用。

MSIからも銀軸がでるみたいだけど。

背面部にUSBポートとレポートレートの変更が4段階でできるスイッチが付いている。

赤軸が反応まで2mm押し込まなければいけないのに対し、銀軸は1.2mmで反応。

全キー同時押し可能。一応キーボードチェッカーにて両手でぐわっと押して46キーくらい見えたので全キーだと思う。

使用感、打鍵音は赤軸と似てる。

反応するまで1.2mmとは言っても人間にわかるわけもなく。誤爆も今のところなし。

取り外し可能なパームレスト標準装備。

ミュート機能、Windowsキー無効機能あり。

テンキーレスなのでテンキーが欲しい方はK95へどうぞ。

FILCOからの乗り換えとしては全キー同時押し可能、パームレスト付きで掃除がしやすいというだけでもアップグレードした感としては十分かな、と。

 

使い心地は良いです。

FILCO赤軸が4年間なにごともなく使えていたのでそれくらいもってくれれば!

メーカー保証が2年間ついているので2年間は安心。