草eSportsPlayerの戯言

eSportsやゲームについて好きなことを書いてしまうブログ

Hello Im NiQ

f:id:Niq9n:20170922234811j:plain

NiQです。楽しく、ある程度競技的にPCゲームをプレイするゲーマーです。

何かあったら更新するスタイルでだらだら続けていきたいです。

続きを読む

DELL Alienware AW2518HF 簡易レビュー

f:id:Niq9n:20171212155001j:plain

AlienwareはDELLのゲーミングブランドです。

PC本体がメインのブランドでしたが、周辺機器を発売し始めました。

正直、マウスやキーボードに関しては周辺機器専門のメーカーとくらべて「多様性に欠ける」「価格が高い」傾向にあるので選択肢に入りづらいです。

今回購入したAW2518HFはリフレッシュレート240Hzモニターの中でも価格が安く、Alienware周辺機器の中では一番売れ筋になりそうです。

 

BenQ XL2410T(120Hzモニター)からの乗り換えです。

【価格】

定価49,800円(税抜き)

私は税込み45,000円程度で購入できました。

競合する製品は

ASUS PG258Q (240Hz 応答速度1ms G-Sync) 約70,000円

BenQ XL2546 (240Hz 応答速度1ms Dyac) 約65,000円

Acer XF250Qbmidprx(240Hz 応答速度1ms FreeSync) 約55,000円

と言ったところでしょうか。

AW2518HFは240Hzモニターの中ではおてごろ価格です。

 

【大きさ】

箱がめちゃくちゃでかいです。

取っ手がついていますが、明らかに手で持って帰れる大きさではないです。

液晶自体は24.5型で、以前使っていた23.6型と比べると気持ち大きい程度。

ゲームをするなら23~25型がベストな大きさだと思うのでちょうどいいサイズです。

 

【性能】

解像度1920x1080、240Hzモニター、応答速度1ms、AMD FreeSync対応

といった必要なものはすべて揃っている性能。

TNパネルなので視野角は狭めです。ゲーマーにはあまり関係ないですね。

120Hz→240Hzでも相当違いました。明らかに滑らかです。

60Hz→120Hzのときのほうが感動は大きかったけど120Hz→240Hzでも結構感動します。60Hz→240Hzへの移行だと脱糞するレベルかもしれない。

応答速度は1msなので現状最高のレスポンス。(まぁ5msでも人間にはわからないレベルなんですが)

接続端子はディスプレイポートorHDMI2.0

HDMIケーブルが付属します。が、最上位の接続端子であるディスプレイポートのケーブルが付属しません。

「迷ったらディスプレイポートでつなげ!」は間違いではないのでディスプレイポート用のケーブルを買いましょう。(HDMIと比べると抜けづらいしね)

スタンドの回転昇降機能あり。今まで見てきたモニターのなかでもかなり完成度が高いです。

スタンドがどっしりしているおかげか、滑らかに回転昇降します。

まぁお気に入りの位置を見つけてしまえば必要のない機能ですけどね。

AMD FreeSync対応ですが、私はGTX1080を搭載しているので使用できません。

G-Sync対応のAW2518Hは7万円ほどするのでG-Sync用の基盤が2,3万円するようですね。

【総評】

自己満足で買いました。

以前使っていたXL2410Tと比較すると

リフレッシュレート 120Hz→240Hz

応答速度 5ms→1ms

ちらつき防止機能、ブルーライト低減機能搭載

と言ったところでしょうか。目に負担がかからないモニターが欲しかったというのが一番の購入動機です。

しかし、240Hzを活かせるPCとなるとPCのほうも高くついてしまったり、最新のゲームだとそもそも高設定で240FPS出せるPCがほとんどなかったりと、高性能だけどニッチなポジションだと思います。

さらに言うと、そもそもゲームサーバーのチックレート(判定回数)は30Hz or 60Hzなので、やっぱり高リフレッシュレートモニターは自己満足の部分が強いと思います。

PCよりモニターのほうが長生きすることが多いので、先行投資も兼ねて。

早くも2018年への準備をし始めた男

先日メカニカルキーボードで有名なFILCOから面白いアイテムが登場しました。

FILCO Calendar Keycap set 2018(日本の祝日いり) 1300円前後

f:id:Niq9n:20171130230126j:plain

Cherry MX対応のキーキャップ。

おそらくCherry MX互換のKailh軸にもいけるかと。(Kailh軸持ってないのよね)

めちゃくちゃ小さいけど印字がカレンダーになっているという、2018年しか使えない面白アイテムです。

色は白と黒の2色、キートップにカレンダーが印字されているものと、キーの手前側にカレンダーが印字されているものの2種類です。

記念品要素が強いアイテムですが、買ってみました。

 

早速、Corsair K65に装着。

どこに付けても良いんだけど、12個といえばファンクションキーだよねってことでF1~F12に装着。

f:id:Niq9n:20171130230144j:plain

白を購入したので薄っすら透けてわりかしキレイ。

全然見えないと思ってたけど一応読める。

 

一応このセットにはキーキャップ外し工具が付属していました。

FILCO Majestouchシリーズはキーキャップを外しづらいからでしょうね。

K65等フレームレスタイプのキーボードは指でも簡単に外せます。

FILCOのハリガネタイプのキーキャップ外しも使いやすいのでオススメ。

ちなみに数量限定らしく、実店舗で販売しているところはあまり無いようなので欲しくなってしまった方はお早めに!

BIBI LAB 冬のダメ着 簡易レビュー

f:id:Niq9n:20171121000122j:plain

まさか服のレビューを書くとはね。

Bauhutte 冬のダメ着キャンペーンに応募したところ当選しました。

10名なんですってね。運がいい!

先日いきなり届いてびっくりしたんですが、早速着てみたのでレビューでも

Bauhutte ゲーミングチェア RS-200簡易レビューはこちら↓

niq9n.hatenablog.com

 

ダメ着 Mサイズ 推奨 ~175cm

性別 男

身長 172

体系 細身

 

【価格】

6000円税別。

服の値段はわかんない。

一般的なオタク(NiQ基準)は部屋着1万円と言われるとおそらく選択肢にも入らないと思うので悪くない値段なのでは

 

【大きさ】

推奨は

身長 ~175cm Mサイズ

身長 175cm~ Lサイズ

身長172cmの私にはMサイズでちょうどいいサイズでした。

よりだぼだぼ感が欲しい方はLでもよいと思います。

 

【性能】

着心地いいです。だぼだぼのつなぎ。

シャツとパンツは着用したほうが着心地が良かったです。

お腹にポケットつき。

着脱用のファスナー

着たまま寝られるフードのファスナー

着たままトイレにいけるファスナー

がついているのでお風呂以外は着たまま生活できます。

男性側の意見としては

立ちションするために着脱用のファスナーは下からも開けられる仕様にして欲しかった。と言ったところでしょうか。

【総評】

寝るときは薄着でしか寝られない人間ですが、着用していても開放感があるのでしっかりと寝ることができました。

近くのコンビニでさえこの格好で行くのははばかられるため、完全に家用です。

家族や心を許した友人以外にはあまり見せたくない奇跡的にだらしない格好になってしまいます。(褒めてます)

休みの日は完全に引きこもる方にはオススメです。

Razer Taipan 白 簡易レビュー

f:id:Niq9n:20171101011746p:plain

Razerの左右対称マウス、Taipanの白がたまたま安く売っていたので買ってみました。

かつてはAbyssusとかDiamondbackなど、左右対称のマウスも出していましたがここ最近はDeathadderを筆頭に右手用の光学センサー搭載のマウスを出し続けているイメージ。

2012年発売のTaipanですが、左右対称、レーザーセンサー搭載と、Razerにしては珍しいスペック。

【価格】

実売8,000円程度。ハイエンドマウスの価格帯です。

【大きさ、見た目】

左右対称の中型のマウスですね。

サイドボタンが両サイドに2つずつ。

サイドの加工はラバー系。

甲が低くて、アジア人向けの大きさです。

ただ、両サイドに親指用と思われるくぼみがある形状なので、小指側に違和感のある持ちごこちです。

ホイールとロゴがLEDで白く光ります。

【性能】

センサーはS9818です。名品Avago ADNS9800のカスタムセンサーです。

より速いマウスの動きについていけるようカスタムされています。

マウステスターで計測したところ、やはり切り返し時に若干の飛びがみられました。

が、ゲームに影響するレベルではないですね。

 メインスイッチはオムロンのD2FC-F-7Nといつものスイッチ。

メインスイッチが高耐久のものになり始めたのはここ2,3年の話なのでまぁ仕方ないですね。

マウスソールは前2枚、後ろ1枚、ソール周りに丸く1枚

ドライバーRazer Synapseでは感度の調整や、リフトオフディスタンスの調整が可能。

 

【総評】

若干古いマウスですので、最新のセンサーを搭載したものと比べると。

Steel Seriesやlogicoolなどのカスタムセンサーの性能がとても良いので、見劣りしがち。

よほど形が好きでない限りは現行のハイエンドマウスと比べて積極的に選ぶメリットはあまりないと思います。

Steel Series Rival 110 簡易レビュー

f:id:Niq9n:20171029004314p:plain

10月26日国内販売開始のSteel Series Rival 110を買って使ってみたので簡易レビュー

製品の特徴としてはRival 310,Sensei310の下位モデルですが、「マウスの動きと画面上のカーソルの動きがシンクロする」センサーを搭載。

【価格】

実売5800円ほど。

ミドルエンド帯の位置付けにしては高めかな、と

他社メーカーのハイエンドが手に入るかもしれないレベル。

 

【見た目】

左右対称形ですが、サイドボタンの配置から右手用となっています。

サイドはプラ系で、ラバーより滑りやすいものの、劣化しづらくて高評価。

LEDのカスタマイズができるのはRival 310,Sensei 310と同様。

 

【大きさ】

中型マウスの部類だと思いますが中型マウスの中では小さめ。

SteelSeriesの命名規則は「右手用はRival」「右手左手兼用はSensei」という感じなのかな。形はSensei系です。

Sensei310と比較するとお尻のほうが小さめで、甲も若干低め。

平均的なアジア人の手にはしっかりとフィットすると大きさだと思います。

大型のゲーミングマウスが多い中、日本人女性にもオススメしやすい。

 

【性能】

Rival 310,Sensei310に搭載されているTrueMove3センサーの下位モデルのTrueMove1センサー搭載、30M回耐久のメインスイッチ搭載

センサーの性能は一般的なマウスの中では性能が良い、がTrueMove3よりは荒れる印象。

切り返し時に若干飛んでしまうものの、もちろんゲーム中に気になるレベルではないです。

なお、センサーはeSportsで使われる感度においてTrue 1 to 1Trackingするとのこと。数字的には100~3500CPIかな?

メインスイッチは分解していないのでわからないけど、30M回耐久のスイッチだとオムロン製なんじゃないかな、と。独自開発のスイッチとか、中華スイッチで30M回耐久は見たことがない気がする。

ケーブルはいつものごとく、ラバー加工のケーブル。

布巻きケーブルが好きな私にはマイナスポイントだけど、この価格帯だとラバーだよねって感じ。

 

【総評】

思った通りのマウスでした。小さめのマウス、中価格、高性能とかなりオススメできるマウスです。

が、2千円ほど足せば上位モデルのRival 310,Sensei 310が見えてくるという。

手が小さい方、少しでも金額が安い物が欲しい方にはオススメです。

ちなみにRival110のPUBGデビュー戦が見事ドン勝だったのでドン勝できるマウスであることは間違いないです。

まぁドン勝できないマウスって何だよって感じだけども

Fnatic Gear G1 boost Speed 簡易レビュー

FnaticGear(フナティックギアー)のマウスパッド、ハードタイプのもう一つの方です。

ヨーロッパの伝統的チームFnatic監修のゲーミングデバイスです。

気に入ってLとXL買ってしまった。

【価格】

実売4000円ほど。

普通に高いです。

【性能】

表面がザラザラタイプのハードタイプマウスパッドです。

マウスを滑らせた感覚はControlと比べるとスルッといく感じ。

Controlと比べて滑り出しがとてもいい、代わりに止まりは悪い。

手首エイムの人ならあんまり気にならないと思われる。

使用感はsteelseriesの4HDに似てる。

 【見た目】

キレイな包装はマウスパッド界でも随一

おもわず箱をとっておきたくなるような。

マウスパッドとしてはまぁ厚手のハードタイプって感じ。

右下のロゴがかっこいい。

 

【総評】

やっぱりハードタイプのマウスパッドは個性がない。

これじゃないとっていうものはいまのところないかなぁ

ぺらっぺらのハードタイプはあまり好きではないので4HDかこれか。

気に入ったけど、仮に手に入らなかったら4HDでいいや、とも思うレベル。

日本で購入するには値段が張ってしまうし(+日本代理店ができるようなブランドではない)特にコレじゃないとダメな理由も見当たらないのでファンボーイ以外は買わないと思う。

値段が高いので若干辛口かもしれないけど、マウスパッドとしての性能は普通に満足できるレベルなのでファンボーイの方は是非。

 

明日はRival110の発売日なので購入してきます。